--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.18(Sun):本番
ヤバかった。
何がヤバかったかと言うと。
信者の舞」が。
いやですね、このブラック部活。
自主公演には必ず2つの宗教的活動が行われている訳ですが。
まず、教師にも信者が沢山潜んでいる事を断っておきます。

入信済み教師の見分け方♪。
①(教祖より年上なのに)敬語で話す。
②直視不可能な程の真っ直ぐな目。
③同じ作品を懲りずに何度も鑑賞。毎回感動し涙を流す。
④変な専門分野がある。
何故か合宿に来ちゃう。
これらの中の3つ以上が当てはまれば9割信者です。

さて、吹奏楽部の顧問を我々は心中で「側近」と呼んでおります。
側近は自主公演の度に部活を休みにして
吹奏楽部員全員を観客として率いてくるのです。
自分が入信しているからと言って、
支配下にある子羊達を洗脳させようとします。
要は宗教勧誘です。
はい、これが一つ目の宗教的習慣。

誠に残念乍ら、実はもう一人「側近」が居ます。
入信してからと言うもの自身が顧問である部活をほっぽって
演劇部の裏方に全てを捧げる姿が涙ぐましす…。
忙しい中、照明技術士二級を取ったのも全ては教祖の目に留る為。
僕をもっと襤褸雑巾になる迄扱き使ってよ!
その真っ直ぐな献身的姿勢が
ハゲを促進させている事に彼は気付きもしません。

さて、この側近②が顧問を務める、
合唱同好会による前座が2つ目の宗教的活動な訳ですが。
この前座、教祖のテーマソングをラストに飾るのです。
「ここで観客にこの宗教と馴染んで貰おう」と言う
側近②の計らいでしょう。恐らく。
結論。この曲の魔力は半端無かった…。
私とてぃんこは目の当たりにしたのです。
今迄静かに聴いていた他の部員達が
此の曲が始まった途端笑顔になって行くのを。
まず、3人位の信者が踊り始めました。
曲が進むに連れて4人5人6人7人…と
次々と信者達が立ち上がり、そこへ集まって行きました。
信者の舞」です。
私とてぃんこ、唖然。
「嗚呼、この中に所属してるんだ…」
痛感しました。

此の度観に来て下さった方々に厚く御礼申し上げます。
この宗教に染まらぬ様、気を付けて
次回公演もいらして頂ければ幸いです。

何だ彼んだ月曜からまた次回公演の練習が始まります。
休んでいる暇もありません。辛過ぎて死ぬお…。

以上、桃ちんでしたー。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://genkaikamo.blog.fc2.com/tb.php/24-8f34f2de
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。